【2021年最新】副業マッチングサイト・サービス12選を徹底比較!

副業解禁など労働環境の変化に伴い、社外の人材と協業したいという企業が増加しています。

このような背景から、個人が持つ特技を売買するスキルシェアリングサービスの拡大が予測されています。

サイバーエージェントが発表した「スキルシェアリングサービス市場規模予測」によると、ビジネス系スキルのシェアリングサービスの市場規模は、2017年に173億円、2018年に259億円、2019年に303億円を記録しており、2024年には577億円に達すると予想されています。

引用スキルシェアリングサービス市場規模予測/サイバーエージェント

業務の受発注がオンライン上で完結する環境が整備され、より副業がしやすい状況に変わりつつあります。

このような背景から、様々な副業マッチングサイト・サービスが生まれていますが、その特色は様々です。

本記事では、12の副業マッチングサイト・サービスを比較しながら紹介します。

副業マッチングサイト・サービスとは?

別名「仲介サイト」とも呼ばれる「マッチングサイト・サービス」とは、サービス運営企業がユーザとユーザとを管理して、結びつけるサービスのことを指します。

マッチングサイト・サービスの目的は、ユーザ同士の需要と供給を結びつけることです。

副業においては、仕事を請け負ってくれる人を探している企業と、副業をしたい人を結びつけるのが、副業マッチングサイト・サービスとなります。

多くの場合は、サービス運営企業は、マッチング手数料や求人広告を掲載するための手数料を受け取っています。

副業マッチングサイト・サービス比較12選

大手から小規模ながらもユニークなものまで、チェックしておきたい副業マッチングサイト・サービスを紹介します。

クラウドワークス

引用クラウドワークス

登録ワーカー数410万人、登録クライアント数67万社という、日本最大級のクラウドソーシングである「クラウドワークス」。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は34万9,708件です。

登録案件のカテゴリは多岐にわたり、専門性の高い仕事はもちろん、「カンタン作業」という誰にでもできる仕事を集めたカテゴリもあります。

  • 運営会社:株式会社クラウドワークス
  • 取り扱い職種:システム開発・アプリ/スマートフォン開発・ハードウェア設計/開発・ホームページ制作/Webデザイン・デザイン・ライティング/記事作成・ネーミング/アイデア・翻訳/通訳サービス・ECサイト/ネットショップ構築・サイト運営/ビジネス・事務/ビジネスサポート/調査・カンタン作業・写真/画像/動画・3D-CG制作・音楽/音響/BGM・プロジェクト/保守運用

Lancers(ランサーズ)

画像引用Lancers

日本初かつ日本最大級のクラウドソーシングサービス「Lancers(ランサーズ)」。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は3,708件です。

日本最大級の割には登録案件数が少なく見えますが、理由はフィルタリングして適正価格の案件だけを掲載しているからです。

このフィルタリングを行うのはAIで、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」という企業ビジョンを体現しています。

  • 運営会社:ランサーズ株式会社
  • 取り扱い職種:システム開発/運用・Web制作/Webデザイン・デザイン制作・ライティング/ネーミング・タスク/作業・写真/動画/ナレーション・翻訳/通訳サービス・事務/コンサル/専門職/その他・営業/マーケティング/企画/広報

Kasooku (カソーク)

画像引用Kasooku (カソーク)

「副業を隠さず、当たり前の選択肢として確立できる世界を目指す」をミッションとする株式会社ドゥーファが運営する「Kasooku (カソーク)」。

「Kasooku」はセールス人材を中心に扱う副業募集サイトで、本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は468件です。

また、「Kasooku」では、企業側が金銭以外での報酬支払いができます。例えば、人事制度を整えようと考える企業が人事制度の相談相手を募集しており、その報酬が「弊社のブランドワインから10万円分を贈呈」など、非常にユニークです。

他にも、自社製品やサービスによる報酬を提示する案件が掲載されています。

  • 運営会社:株式会社ドゥーファ
  • 取り扱い職種:広報/PR・PM・経営企画/コンサルタント・セールス/事業開発・カスタマーサクセス・マーケティング・エンジニア・デザイナー・ライター・ディレクター・コーポレート

「Skill Shift」

画像引用Skill Shift

「地域貢献副業プロジェクト」というインパクトのあるタイトルを掲げる「Skill Shift」。

本業でマーケティング・販売促進・商品企画・経営企画などの職種に従事している人や地域貢献に興味のある人は、是非登録したい副業募集サイトです。

「Skill Shift」は、都市部で本業を持つ社員に、地方中小企業の業務改善サポーターという副業を提供、企業側には正社員を雇用するよりもはるかに安価に業務改善コンサルタントが雇えるというメリットを提供しています。

  • 運営会社:株式会社スキルシフト
  • 取り扱い職種:マーケティング・販売促進・商品企画・経営企画など

ダブルワーク

画像引用ダブルワーク

副業のみならずダブルワークや業務委託専門の求人サイト「ダブルワーク」は、副業マッチングサイトとして運営歴の長いサイトです。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は877件。

副業だけでなく正社員募集の求人なども掲載しています。また、募集職種も偏りがなくあらゆる職種の副業が検索できます。

  • 運営会社:株式会社 アールオーエヌ
  • 取り扱い職種:経営/管理/事務・IT・企画・デザイン/クリエイティブ・技術/研究・営業・医療/福祉・専門・金融・販売/サービス

YOSOMON!

画像引用YOSOMON!

「地域で働くをもっと身近に!」をタイトルに掲げる「YOSOMON!」は、単発の副業ではなく、副業として参画できる地方企業の課題解決プロジェクトを紹介するサイトです。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は61件。

企業担当者の自己紹介や副業人材を募集する理由が詳しく、かつ写真付きで掲載されており、雇用主の人となりまでが伝わる副業募集サイトになっています。

  • 運営会社:特定非営利活動法人エティック
  • 取り扱い職種:マーケティング・販売促進・商品企画・経営企画など

ママワークス

引用ママワークス

子育て中の女性をターゲットにした求人サイトが「ママワークス」です。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は1055件。

大手副業マッチングサイト・サービスの場合、時給換算150円にも満たないような著しく報酬の低い案件も散見されますが、「ママワークス」の方は案件が精査されており、在宅でのデータ入力作業でも、時給換算900円/1000円などの優良案件が多く掲載されています。

  • 運営会社:株式会社アイドマ・ホールディングス
  • 取り扱い職種:営業/マーケティング・データ入力/タイピング・クリエイティブ・編集/制作・人事/総務/経理/広報・ライティング/翻訳・PG/SE/PM・その他

タウンワーク

引用タウンワーク

バイト・アルバイト・パート探しの日本最大級の求人サイト「タウンワーク」にも、副業でできる案件が多数登録されています。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は70万6,994件です。

運営会社はリクルートという大手であるため、安心感があります。

  • 運営会社:株式会社リクルート
  • 取り扱い職種:飲食/フード・販売・接客/サービス・レジャー/エンタメ・営業・事務・総務/企画・教育・物流/配送・軽作業・建築/土木/建設・工場/製造・IT/コンピュータ・医療/介護/福祉・マスコミ/出版・芸能・ガールズバー/キャバクラ/パブ/クラブ・専門職/その他

Reworker

引用Reworker

Reworker」は、副業か本業かという切り口ではなく、リモート・在宅・時短・副業など働き方の切り口で仕事を探せるサイトです。

希望稼働日数・1日の希望稼働時間といった働き方で求人を検索できます。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は132件です。

「Reworker」は、未経験可としている案件でも何らかのスキルは必要な場合が多く、本業を活かした案件を探す場合に便利です。

  • 運営会社:株式会社キャスター
  • 取り扱い職種:エンジニア・デザイナー・ディレクター・ライター・コーポレートスタッフ・セールス事務・アシスタント

indeed

画像引用indeed

テレビCMもしている求人サイト「indeed」は、求人掲載数が多いため必ず何かしらの副業案件が見つけられるマッチングサイトです。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は東京都内で50万965件です。

Indeed, Inc.は米国の企業であるため、英語と日本語のバイリンガル人材を探したい米国企業が求人を出していることもあり、海外の企業と直接契約したい人も一度は検索してみるべきサイトです。

  • 運営会社:Indeed, Inc.(2012年、株式会社リクルートが買収)
  • 取り扱い職種:あらゆる職種

求人ボックス

画像引用求人ボックス

正社員からアルバイト・インターンまで様々な雇用形態の仕事を掲載しているマッチングサイトです。

本記事執筆時点で、全仕事カテゴリでの案件登録数は25万9,136件です。

検索するときに、パート・業務委託・在宅ワーク・フリーランスなど副業でもできる案件が多数登録されている可能性のあるカテゴリに絞って案件を探せます。

使いやすい求人サイトです。

  • 運営会社:株式会社カカクコム
  • 取り扱い職種:あらゆる職種

ココナラ

画像引用ココナラ

日本最大級のスキルマーケット「ココナラ」は、仕事や案件の発注・受注ではなく、個人のスキルという形のないものを気軽に売り買いできるマーケットです。

スキルといっても、ビジネス関連のスキルからプライベートの悩み相談まで、カテゴリは多岐にわたっています。

  • 運営会社:株式会社ココナラ
  • 取り扱い職種:デザイン・IT/プログラミング・ビジネスサポート・翻訳/語学・行政書士など

ストアカ

画像引用ストアカ

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケットが「ストアカ」です。副業で講師や先生をしようとすると、会場や専用のWebサイトの準備など非常に手間がかかる上、成功するとも限りません。

「ストアカ」は、受講生も1回から気軽に学べ、講師も得意なことや経験を気軽に教えることで収入を得られるというサービスです。

  • 運営会社:ストリートアカデミー株式会社
  • 取り扱い職種:ビジネススキル・Web・IT・デザイン・ハンドメイド/クラフト・ものづくり/DIYなど

大手3社「ココナラ」「ストアカ」「ランサーズ」比較

様々な副業マッチングサイト・サービスを紹介しましたが、「ココナラ」「ストアカ」「ランサーズ」の大手3社をピックアップして詳しく紹介します。

ココナラ

ココナラ」は、フリーマーケットながら商品はスキル・経験というユニークなマーケットです。

自分の持っているスキル・経験を出品できます。イラスト制作・Webサイト制作・ライティング・プログラミングなどのスキルの他、恋愛相談や税金に関する相談・法律相談など、様々なカテゴリがあります。

画像引用ココナラ

報酬を受け取るまでのステップは、出品、受注、購入者とのやりとり、代金の受け取りの4ステップです。

スキルという形のないものを販売するため、未払いがあるのではと不安を感じる人もいますが、仕事を開始する前にクレジットカードなどで決済を完了するため、キャンセルがない限り未払いには陥りません。

ストアカ

ストアカ」で講師をするためには、まず講師プロフィールを作成します。

先生と生徒の両方が安心できる出会いを提供するために、実名での登録が必須になっています。

講義の参加者との予約や決済のやり取りは、ストアカが代行するため、講師側が行うことは講義のみです。

生徒の集客のために、自分だけの教室・講座ページを作成できます。例えば、1回のみの単発講座から10回コースまで、自由に講座の設計ができます。

画像引用ストアカ

講座開講までのステップは、プロフィール登録、講座の作成、講座の公開の3ステップです。

Lancers(ランサーズ)

大手クラウドソーシングサービスの「Lancers(ランサーズ)」の最大の特長は、AIがクライアントや案件の“優良さ”を判定して、検索結果に反映していることです。

まれですが、クラウドソーシングでは、仕事とは到底呼べない安価な報酬を提示しているクライアントもおり、そのような案件をフィルタリングして弾くために導入されている機能です。

引用Lancers

副業マッチングサイトを利用して稼ぐコツ

副業マッチングサイトでは基本的に匿名性が確保され、誰でも副業を探せます。

誰でも副業が探せるために、残念ながら無責任な人や、虚偽を申告する人まで登録しているのが現状です。

このような副業マッチングサイトにおいて、クライアントから絶大な信用を得て、稼ぐコツはあるのでしょうか?

本業に近い副業を選ぶ

人事・総務・エンジニア・経理など副業は様々ですが、副業でも本業に近い職種を選ぶと大きく稼ぎやすくなります。仕事を発注する企業の方も、“○○のプロ“に発注することになるため、高額報酬になる可能性があります。

ただし、副業を容認している企業でさえ、副業で本業の会社の情報漏洩にあたる行為をした場合は、厳しく罰せられます。本業に損害を与えない範囲で、本業で培った強みを活かせる副業を選びましょう。

複数の副業マッチングサイトに登録する

副業マッチングサイトへの登録や案件への応募は基本的に無料です。

使いやすいサイトを選定し、複数のサイトへ登録しましょう。

仮に、クライアントから案件の打診が同時に複数来たときも、より報酬が高い案件を選択すれば良いのです。

また、副業マッチングサイトにより案件の種類や、求人を出している企業が異なります。

案件を探して自分で応募するときも、集められる情報量が増えるため、複数の副業マッチングサイトから情報収集することをおすすめします。

嫌いな仕事は選ばない

副業マッチングサービスを利用するかとは無関係に、副業を選ぶときは継続できる副業を選ぶべきです。

副業を継続するためのコツは、「嫌いな仕事は絶対に選ばない」ことです。高額報酬だけを理由に嫌いな仕事を選んでしまうと、副業に対するモチベーションが保ちにくくなります。

副業マッチングサイトを利用する際の注意点

副業マッチングサイト・サービスの中には、悪質なものも存在することは事実です。

安全に副業マッチングサイト・サービスを使うための注意点を説明します。

悪質な副業マッチングサイトを見極める

副業マッチングサイト・サービスを選ぶときに避けたほうが良いのは、案件を受注するために費用がかかるようなサイトです。良質な副業マッチングサイト・サービスであれば、仕事を完了したあとに手数料が引かれることがあっても、仕事に取り掛かる前にマッチング費用が発生することはありません。

一度付いた評価は残り続ける

多くの副業マッチングサービス・サイトで、評価制度を導入しています。

案件の終了後に発注者が副業した人に対し評価を記入します。

引用Lancers

発注する側は、発注する前に発注候補の過去の評価が見えるので、評価制度は非常に役立つものです。

一方、受注する側から見ると悪い評価がついた場合は、新たな仕事を獲得する上で障害になります。

真摯に副業に取り組んでさえいれば、評価を気にする必要はありませんが、基本的に一度付いた悪い評価は残り続けることは覚えておきましょう。

ただ、発注者側が悪質な評価を付け、かつ副業マッチングサービス・サイト運営者が認めた場合には、悪い評価を削除できる場合もあります。

直接契約するときは慎重に

副業マッチングサービス・サイトを利用して仕事を完了すると、発注者側から「直接契約にしませんか」という打診がある場合があります。理由は、システム手数料の支払いを回避するためです。

このような場合は、発注者側が繰り返し業務を依頼したい人材であると考えています。

繰り返し発注するにあたり、副業マッチングサービス・サイトを介さずに、クライアント企業と副業人材が直接取り引きする形にすれば、システム手数料は発生しなくなります。

直接契約に移行するかの判断は、クライアント企業の信頼性によるところが大きく、信頼できる企業であれば、Win-Winの関係が構築できます。

一方、直接契約にした途端に未払いをする悪質な企業が存在することは事実ですので、直接契約に移行する前に契約書などを文書で取り交わすようにしましょう。

まとめ

副業容認企業も増え、様々な副業マッチングサイト・サービスが生まれています。

それぞれのサービスでターゲットとしている人材や職種に特色があるため、複数に登録して比較しながら利用しましょう。

また、報酬からシステム利用料が減額されますが、その分、副業に関して相談事項が発生したときは、サービスの運営者に気軽に問い合わせ、情報収集に上手く活用することがポイントです。

副業書籍プレゼント!

LINE登録で副業書籍2冊プレゼント

サラリーマン副業をサポートするための参考書となる書籍をAmazonで販売中のPDF版を無料プレゼントいたします。 下記ボタンをクリックしてLINE登録をお願い致します!

月5万稼げる!シリーズ
・サラリーマン副業の教科書
・人気在宅副業の教科書

LINE登録する