自宅で簡単にできる!「求職活動の実績」の作り方と注意点

労働者が失業した場合に、生活や雇用の安定を図るために行われる給付を「失業等給付」と言います。

失業等給付は、求職者給付・就職促進給付・教育訓練給付・雇用継続給付の4種類に分けられますが、一般的に失業時に受け取れる金銭として”失業保険”や”失業手当”と呼ばれているものは、求職者給付の「基本手当」にあたります。

この失業保険(基本手当)を受け取るためには、求職活動の実績を作り、原則4週に1回の「失業認定日」に失業状態であることを認定してもらう必要があります。

どのような活動が求職活動と認められるのでしょうか?失業保険をもれなく受け取るための求職活動実績の作り方と注意点を紹介します。

目次

失業保険をもらうには求職活動の実績が必要

失業保険(基本手当)をもらうためには、受給資格を得た後も、再就職の意志を持って積極的な就職活動を継続する必要があります。

再就職の意思と規定の回数の求職活動を行っていることをハローワークに示して、認めてもらう日が失業認定日です。

失業保険の受給者は、失業認定日にハローワークで「失業認定申告書」を提出します。

失業認定申告書は失業認定日ごとに1枚記入します。

失業認定申告書の例

画像引用雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり/厚生労働省鹿児島労働局

初回認定日と2回目以降で必要な求職活動実績が違う?

失業保険(基本手当)の受給手続きにあたり、必ず全員が参加するのが「雇用保険説明会」です。

雇用保険説明会では、失業保険受給中の手続きや失業認定申告書の書き方などの解説を受けますが、この説明会への参加も1回分の求職活動実績となります。

よって、初回の失業認定日で提出する求職活動のうち1回分は、雇用保険説明会への参加で実績とすることができます。

もちろん、雇用保険説明会を求職活動実績として使わなくても問題ありませんが、失業保険を申請した人は全員出席しなくてはいけない説明会なので、実績として使わない手はありません。

求職活動後いつ手当が振り込まれる?

失業保険(基本手当)は、失業認定ごとに所定の口座に振り込まれます。よって、ほぼ1ヶ月に1度の給与のように一定金額が振り込まれるかたちです。

振込日は、ハローワークで失業の認定を受ける失業認定日から約1週間ほどですが、多くの場合、2-3日ほどで振り込まれるようです。

また、年末年始や祝日・休日は振り込みが遅れることがあります。

失業保険の振り込みの通知がハローワークから届くことはありませんので、登録した銀行口座を確認しましょう。

会社都合退職・自己都合退職で必要な求職活動実績が違う?

従業員が会社を退職するときの種類は、自己都合退職・会社都合退職と2つに分類されます。自己都合退職の人も会社都合退職の人も、求職活動も失業認定日に行うことも同じですが、求職活動の規定の回数が異なります。

規定の回数とは、原則として前回の認定日から次の認定日の前日までの期間中(約1ヶ月間)に、最低2回です。

会社都合退職の場合

必要な求職活動回数の原則は、前回の認定日から次の認定日の前日までの期間で、最低2回ですが、会社都合退職の場合は初回の失業認定日までの期間で、最低1回の求職活動が必要です。

ただ、雇用保険説明会への参加が実績としてカウントできるため、実際は求職活動は不要になっています。

2回目の失業認定日までの期間には原則どおり2回の求職活動を行います。

自己都合退職の場合

必要な求職活動回数の原則は、前回の認定日から次の認定日の前日までの期間で、最低2回ですが、自己都合退職による給付制限がある場合は、初回のみ最低3回となります。

ただ、3回のうち1回は雇用保険説明会への参加が実績としてカウントできるため、残り2回の求職活動を行います。

求職活動と認められる6つの活動

失業保険(基本手当)を受給するにあたり、失業認定日までに原則2回以上の求職活動を行う必要がありますが、求職活動実績として認められる活動にはどのようなものがあるでしょうか。

求人に応募する

人材募集を見つけて応募します。応募1社につき求人活動実績1回とカウントされます。応募する求人情報は、どの媒体に掲載されているものでも構いません。転職サイト等の他、情報誌やハローワークの掲示でも求人情報を探せます。

また、応募後の合否は関係なく、応募すれば求職活動実績とカウントされます。

失業認定申告書には「○○株式会社の求人に応募し、書類選考待ち」や「○○株式会社の求人に応募したものの不採用」などと記入します。

失業認定申告書の例

画像引用雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり/厚生労働省鹿児島労働局

雇用保険説明会への参加

失業保険の受給手続きにあたり、必ず全員が参加するのが「雇用保険説明会」です。

この説明会への参加も1回分の求職活動実績となります。

雇用保険受給資格者証の例

雇用保険説明会への参加が求職活動実績として記録されている(上記例では“集団説明済み”印)

ハローワークで職業相談をする

ハローワークで職業相談を1回すると求職活動実績1回とカウントされます。

失業認定日には必ずハローワークに出向くので、職業相談も一緒に行っておくと良いでしょう。

失業認定日に行った職業相談は、次回の失業認定日で提出する求職活動実績となります。

雇用保険受給資格者証の例

ハローワーク内での職業相談を求職活動実績として認める印が押されている

また、ハローワークで職業相談をするときは、失業保険の手続き時に交付される「ハローワークカード」の提示が必要なので、忘れずに持参しましょう。

ハローワークでセミナーを受講する

ハローワークでは「就職支援セミナー」や「面接攻略講座」など、再就職を支援する様々なセミナーを開催しています。ハローワーク主催のこれらセミナーの受講も求職活動実績として認められます。

ハローワークのセミナーの詳細は、ハローワーク内に掲示されたポスターやWebサイトなどで確認できます。

民間機関・公的機関が実施する職業相談・セミナーなどに参加

ハローワーク主催のセミナー以外にも、民間機関などが開催する転職相談会や転職フェア等への参加も求職活動実績になります。

ただ、その参加実績を失業認定申告書に記入するだけではなく、参加したことを証明できるものの提示を求められることがあります。

転職フェアなどに参加した際は参加証をもらい、失業認定日にハローワークに持参しましょう。

各種国家試験・検定試験を受験

再就職に関する各種国家試験・検定試験の受験も求職活動実績として認められます。

ただ、ハローワークがその資格が再就職に有効だと判断できる試験に限ります。希望している職種とあまりにも無関係な試験だと、求職活動実績として認められないことがあります。

また、資格試験受験を求職活動実績とする場合は、受験の証拠として失業認定日に受験票など試験日と氏名が記載されたものを持参しましょう。

求職活動と認められないもの

求職活動といっても、応募や面接への参加などの活動を伴わない、単なる情報収集では求職活動実績とは認められません。

新聞やインターネットでの求人情報の収集

新聞やWebサイトなどで求人情報を閲覧しただけでは、求職活動としての実績にはなりません。また、単なる問い合わせも求職活動の実績にはなりません。

ただ、求人を出している企業との間で、希望条件など具体的な交渉が発生している場合は求職活動と認められる場合があります。

ハローワークのパソコンで求人を検索

ハローワークには自由に求人情報が検索・閲覧できるようパソコンが設置されています。上で紹介したとおり、ハローワークでの就職相談は求職活動の実績になりますが、ハローワークの中であってもパソコンで情報を検索しただけでは求職活動の実績にはなりません。

転職サイトや派遣会社への登録

派遣会社や人材紹介会社、転職サイトなどに登録しただけでは求職活動の実績にはなりません。

登録した後、実際に企業へ応募した時点で求職活動の実績になります。

すぐできる!自宅で簡単に求職活動実績を作る方法

求職活動はハローワークに出向かなくても行えます。

最短で求職活動実績を作る方法は、インターネットで求人を検索し、実際に応募することです。

  1. 転職サイトに登録する

リクナビエン転職doda(デューダ)など、求人広告を多数掲載している就職・転職サイトに登録します。

  1. 登録したサイトで求人を検索する

前出の「求職活動と認められないもの」で紹介したとおり、求人を検索しただけでは求職活動の実績にはなりません。

  1. 求人に応募する

失業認定日には、原則2回分の求職活動実績を提示する必要があります。2社に応募すれば求職活動実績2回分になります。

失業認定申告書には、応募日を求職活動の日付とし、「○○株式会社の△△の求人に応募。合否結果待ち」などと記入します。

ただし、後述しますが、入社の意志のない企業に応募するのはやめましょう。書類選考をパスして呼ばれた面接を特別の理由もなく辞退した場合、求職実績作りのための応募とみなされ、失業状態の認定が受けられない可能性もあります。

求人への応募が不要!セミナー・就業相談のみで求職活動実績を作る

求人に応募する他、就職に関するセミナーに参加したり、就業相談をしたりすることでも求職活動実績を作ることができます。

失業認定日にハローワークで職業相談

一番簡単なのが、失業認定日にハローワークで職業相談をすることです。

失業認定日には必ずハローワークに出向くので、職業相談も一緒に行っておきましょう。

ハローワークでの職業相談では、失業保険の手続き時に交付される「ハローワークカード」を窓口に提出します。

順番が来たら名前を呼ばれるので、相談ブースに向かいます。

相談内容は就職に関するものならばどのような内容でも構いません。一例を挙げると次のとおりです。

  • 家庭の都合で残業が絶対にできないため、残業がない求人だけを紹介してもらいたい。
  • 就職活動の進め方が分からない。
  • ○○市内の求人はありますか?

などです。

ハローワークの担当職員が、相談事項に応じて情報を提供してくれます。

セミナー・講習に参加

ハローワークでは就職に関する様々なセミナーを開催しています。また、民間機関でも転職フェアやスキルアップ講座などを開催しています。

このようなセミナー等への参加も求職活動実績になります。

ただ、セミナー等への参加も実績にすることはできますが、失業認定日にセミナーに参加したことを証明できるものの提示を求められることがありますので、参加証等を持参しましょう。

求職活動実績のほかに必要な書類

失業認定日には、求職活動実績の他にいくつか持参すべきものがあります。

  • 雇用保険受給資格者証

失業状態の認定は、失業保険の受給手続きのときに受け取る「雇用保険受給資格者証」にすべて記録されるため、失業認定日には忘れずに持参します。

  • 失業認定申告書

失業認定日ごとに1枚記入します。

  • ハローワークカード

ハローワークにて職業相談を行うときに必要です。

  • 印鑑

記入する失業認定申告書をハローワーク内で訂正するときに使うため、持参した方が良いでしょう。

  • 運転免許証など本人確認書類

認定の際に、本人確認書類の提示を求められることがあります。

「失業認定申告書」は、自宅で記入を終えて失業認定日に持参する方がスムーズですが、用紙がハローワークに置いてあるため、失業活動実績が分かる資料を持参して、失業認定申告書はその場で作成することもできます。

ハローワーク内で失業認定申告書を作成する場合は、ハローワークの職員に不明点を聞きながら記入できるので、はじめてのときにはおすすめです。

失業保険の求職活動実績を申告する際の注意事項

「失業認定申告書」で求職活動実績を申告するときに、注意すべき点を紹介します。

虚偽の申告はしないこと

虚偽の求職活動実績は絶対に記入しないようにしましょう。

ハローワークから利用機関等へ問い合わせて事実確認をすることがあり、事実と申告内容が異なっていた場合は、不正受給とみなされる可能性があります。

また、失業認定申告書に記載した実績について証拠の提示を求められることがあります。特に民間機関によるセミナーや資格試験などを参加・受験した場合は、受講証や受験票など、参加したことが証明できる書類を持参しましょう。

面接は辞退しないこと

求人への応募を求職活動実績とする場合、実績を作りたいからといって入社する意志のない求人へ応募してはいけません。

面接に進んだものの面接を辞退した場合、求職活動実績が無効になる可能性があります。

アルバイトをしたら申告すること

失業保険受給中に、制限はあるもののアルバイトをすることは可能です。

「失業認定申告書」には、求職活動実績の他、アルバイトや内職・ボランティアをした日付も記入します。

失業認定申告書の例

画像引用雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり/厚生労働省鹿児島労働局

アルバイトをしていたのに申告していない場合は、不正受給とみなされてしまいます。漏れのないように申告しましょう。

まとめ

この失業保険(基本手当)を受け取るためには、原則4週に1回の「失業認定日」に求職活動実績を提示して、失業状態であることを認定してもらう必要があります。

どのような活動が求職活動と認められるのか、求職活動実績の作り方や注意点を紹介してきました。

「失業認定申告書」に虚偽を記載したり、失業認定日に嘘を話したりすることは絶対に避けましょう。失業保険が受給できなくなるだけではなく、ペナルティ(いわゆる3倍返し)を課される可能性があります。

失業保険サポートサービス

一般的な失業手当の受給期間は3カ月ですが、最長28カ月もらえる可能性があります。

失業保険サポートとは社会福祉制度をフル活用することで受給期間を最長28カ月まで延長できるかを専門家がサポートするサービスです。



詳細はこちら